【連載】カリキュラム・マネジメントとチーム学校の連動 第9回 OJTノート開発し人材育成

教員人材育成基本方針を受け、独自のOJTノートを開発し人材育成を図った。主任職の制度化、職階制の導入がなされたこともあるが、何よりも人材育成に危機感を持ったからだ。また全職員での約束事や、指導者層が指導するための手引書を開発するのを迫られる事態があったからである。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。