【連載】若手を育てる学校経営マネジメント 第10回 個別指導・授業観察と指導

各教員が経営参画意識を持ち、組織的に活動することが、チーム学校として大切である。さらに、個々の教員の力量をつけ、学級経営力等を高めることも重要である。まさに車の両輪である。それは、教員に学校への参画意識を持たせるのと同様に、児童も学級への参画意識が必要だからである。そのためには、1単位時間の授業観察とともに、日々の校内巡視の際の授業観察も大切にしたい。1単位時間の授業観察は、以前記したように自己申告の際に生かしていきたい。日々の授業観察では、その時点の学級経営の様子や授業の内容と質等に重きを置いてみる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。