【連載】中教審答申 ここに注目③

2020年から2030年の社会に生きる子供を育成するための答申である。この時代は現在に続く知識基盤社会、IT化、グローバル化に続き、人工知能やロボット工学の発展により、労働市場の変化が予期される。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。