【連載】カリキュラム・マネジメントとチーム学校の連動 第10回 学習過程スタンダード40

高知県教育センター若年教員研修アドバイザー 西留安雄

 

これまで全国学力調査の数値を上げることに多くの学校が対策をとってきた。ドリル学習、朝学習、放課後学習、サマースクール。それなりの成果は出た。確かに○○ができる子は育つ。だが去年はよかったが今年は思うようにいかなかったとなるときもある。原因は、○○が「できる」策を優先し、「わかる」ための授業改善が十分にされてこなかったからだ。

一過性の学力向上策では学力の数値は上げられないばかりか、学校本来の学ぶ楽しさを子供たちに持たせられない。そこで、受験学力をつけるだけの授業から子供が主体的に仲間と対話し学んでいく授業に変えていくのが急務と考えた。

これまでの教科教育に加え、教科経営(教科横断的な学習)の指導を充実することに努めた。その中心は、知識習得学習を中心にした授業ではなく、問題解決学習を主とする授業だ。

即ち子供が「自分で考え、みんなで伝え合い、まとめ、振り返るような授業サイクル」(問題解決型の授業)だ。この授業過程サイクルの中心が、「学習過程スタンダード40」である。

学校に提案した授業づくりのガイドブック「学習過程スタンダード40」を活用すれば、どの教科、どの教師でも同じ水準の授業ができる。そのスタンダードには、40項目(具体的な学習指導25+事前事後指導15)が記載されている。学習指導25項目には、(1)前時の振り返り(2)問題の提示(3)問いを持つ(4)問いの共有(5)課題の設定(6)日付け・縦線(7)課題の青囲み(8)課題の3回読み(9)シラバスの提示(10)言語わざ(11)自力解決(12)自力解決困難対策(13)集団解決(14)ペア学習(15)班学習㈴教科進行係(17)学び合い1「単純意見発表」(18)学び合い2「考察」(19)教師の修正(20)まとめ(価値の共有)(21)まとめの発表(22)まとめのまとめ(23)振り返り(24)振り返りの発表(25)振り返りの振り返り等がある。

すばらしい成果を上げた学習過程スタンダードを各学校で試していただきたい。本資料は、高知県越知町立越知中学校サイトで公開している。県でも子供が自ら考え学習を進めるために「高知県授業づくりBasicガイドブック」を開発。県教育センターサイトで公開しているので、参考にしてほしい。著しく学力が向上した高知県の実践校に学んでほしい。

関連記事