【連載】若手を育てる学校経営マネジメント 第11回 個別指導・校外研修

このシリーズも終わりに近づいてきた。前回までは、校内での研修について記してきた。校内での研修ももちろん重要である。校外の研修も、広い視野を持つために、若手教員にとっては大事にしたい。なぜなら、自分の未熟さを自覚し、教員としてさらに成長しようとする意欲を育成することが、長い教員生活にとってその教員の今後を決定するからである。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。