【連載】カリキュラム・マネジメントとチーム学校の連動 第11回 板書やノートなどを工夫

全国学力・学習状況調査では、中央教育審議会で議論された「チーム学校」「ユニバーサルデザイン」を実践した学校ほどよい成果を上げていた。その半面、教師それぞれが違う授業展開・板書・ノート指導を行っている学校は、結果を出せなかった。そこで高知県津野町で進めている4種のユニバーサルデザインを勧めたい。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。