【連載】ミドルリーダーの学校経営 11 副校長・教頭の役割再検討

副校長・教頭の仕事において「渉外」的業務の占めるウエイトが増え続ける一方、児童生徒への指導に自ら乗り出さなければならない場面が多くなっている。その結果、教職員の人間関係を基礎とした職場づくりに、これまで通り注力できなくなるとすれば、ミドル・リーダー育成にも影響を及ぼしかねない。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。