【連載】目指せ管理職 選考試験を突破しようⅢ 第34回 新年度に向けて

次期学習指導要領の改訂案が公表され、グローバル化の進展、科学技術の発展が一層加速化される中での「未来の創り手を育てる」ための方向性が示された。各学校現場には、改訂案の基本的な方向性の理解とより実効性のある移行期の取り組みが求められている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。