【連載】「ライブとしての授業」を研究する やりがいのある校内研究のススメ 3

授業者の意図や計画、いわゆる実践を通じて授業をどれだけ操作できるのか。

授業者の思惑とは異なって、児童生徒それぞれの状況(1人の生徒が授業に肯定的、中立的、否定的のいずれかだとして、30人クラスの場合、そのパターンは3の30乗、205兆を超える)、あるいは休み時間や授業中の偶然の出来事に、授業は少なからず左右される。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。