【連載】クオリティ・スクールを目指す 第97回 質・量の二兎を追う新指導要領

新学習指導要領は、教師たちからあまり歓迎されていない。むしろ、複雑さ・困難度が高まるのではないか、という警戒感がみられる。また識者たちが一様に指摘しているのは、変わらぬ学習量と授業時数不足に対する懸念である。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。