【連載】もっと輝く若い教師—支えの手があれば— 2 新任教員がぶつかるカベ

新任教師が初めての教職経験の中で困難感を抱えるのは、リアリティ・ショックという言葉もあるくらいに一般的なことである。そしてその困難感のパターンは、校種にかかわらず一定の共通性がある。ヒューバーマンの研究によれば、特に1~3年目は、理想と現実の大きな隔たりに直面し、動揺しながらもなんとかそれを切り抜け、教師として「生き残る」ことと、教師の仕事や教師集団の一員としての自分への最初の感激を「発見する」ことがテーマだという。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。