【連載】「ライブとしての授業」を研究する やりがいのある校内研究のススメ 4

これまでの整理から、授業研究を改善するには、授業が再現性の乏しい、ライブ(生き物)として存在することを認めた上で、(a)授業の提供側が操作できる、小さな一部の条件について改変を試みること(b)客観的な把握は難しいという前提で、立場や観点の違いから授業が多様に理解されるのを知り、より幅広い授業理解のできるよう努めること――が重要と導ける。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。