【連載】クオリティ・スクールを目指す 第98回 特別支援学校の体験的な課題

昨年3月、千葉県立特別支援学校を退職した真田喜美子さんが、2月11日に教職の思い出を千葉教育創造研究会(久保木徳会長)で話した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。