【連載】もっと輝く若い教師 ―支えの手があれば―4 新任教員のメンタルヘルス

教員採用数の増加に伴い、適応やメンタルヘルスに関する課題があらわれてきている。新任教員の最初の1年は条件付き採用期間であるが、文科省によると、2年目に正式採用にならなかった新任教員数は、平成15年には111人(離職率0・61%)だったのが、平成17年以降離職率は1%を超えるようになった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。