【連載】もっと輝く若い教師 ―支えの手があれば―7 管理職はこうサポートしよう

管理職は、若い教師の授業を見てアドバイスする機会が多い。初任時代に毎日、校長から1時間、叱咤激励されたという教師は、当時を振り返って「つらかったが忍耐力がついた」と言う。より効果的な教員的支援を考える必要がある。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。