【連載】対話 そして 未来へ SCとして子供と寄り添う 2 困った子供は困っている子

教師や保護者などの援助者が子供のことで困っているときは、実は子供自身がとても困っています。また教師が理解しにくいとか指導の仕方がわからないと思っている子供は、教師を理解しにくいと感じている子供でもあります。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。