【連載】クオリティ・スクールを目指す 第101回 学校業務改善に大きな期待

最近、国を挙げて「働き方改革」の論議が行われているが、教員の働き方についての根本的な業務改善も求められている。そのため文科省は、大学教員や法律学者、元校長、教委関係者など、専門的な立場からのアドバイザーを学校に派遣して、6月から業務改善に向けた取り組みを始めるという。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。