【連載】プログラミング学習からつくる未来への教育 第4回 バグが創造性を刺激する

プログラミングとは、子供たちが頭の中で思い描くことを、それになるべく論理的な形を与えて外に出して眺めてみることだともいえる。逆にいえば、頭で思い描く以上のものは作れないはずなのだが、実はそうではない。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。