【連載】プログラミング学習からつくる未来への教育 第6回 グループ制作のジレンマ

プログラミング学習をクラスで進めていくと、最終的には、作品を作ろうということになるだろう。しかし、生徒一人ひとりが、それぞれプログラミングをして作品を提出するとなると、これはかなりハードルが高いと感じる教師も多いはずだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。