【連載】対話 そして 未来へ SCとして子供と寄り添う 6 保護者の思いへの理解と協力

教師に対する保護者からの要望はさまざまです。例えば、給食の時間に、教師は「好き嫌いをしないで残さず食べましょう」と指導します。すると、「うちの子は、家でも生野菜は食べませんので、認めてください」「うちの子は、肉は好きですが、魚は嫌いなので、メニューの工夫をしてもらえないでしょうか」などの要望が出されます。このような保護者からの要望と教師の指導とのずれは、どのように捉えればよいのでしょうか。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。