【連載】プログラミング学習からつくる未来への教育 第7回 プログラミング学習こそ未来への扉

昭和39年、東京オリンピック、僕は小学校5年生、東京都中野区立桃ケ丘小学校に通っていた。32年に開校した校舎は、鉄筋コンクリート4階建て、最新の配膳台が校内のエレベーターで行き来する完全給食。室内プールの上に体育館。柔らかいアスファルトで覆われた校庭。教室にはカラーテレビ。ちゃんとした音響設備の放送室。まだ戦後復興の中で、バラックを住居とする都民がいる街の中では、その小学校内は先進的な場所だった。そして、ぼくはそれがちょっと誇らしかった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。