【連載】協育で楽校に ― 社会に開かれ学校はこうなる 6 学校が社会となり学び続ける

そう遠くない先に到来する寿命100年時代。約20年の家庭・学校教育と約45年の就労とその後の20年程度の老後といった、これまでの平均的な3ステップのライフサイクルから人生の在り方が変わるとき、企業の在り方にも大きな変革が求められています。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。