学習する組織 コーチングで変革へ(3)教育現場に今何が必要なのか

「教育」と「学習」は、一般的には混用されている場合が多いが、実は正反対の方向性を持った行為であると考えられる。すなわち、教育の中で中核を占めるのはTeachingであり、これは「個人の外側から内側への働き掛け」である。他方、学習の中心はLearningであり、「個人の内側から外側への働き掛け」であるといえる。これを示したのが右図である。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。