クオリティ・スクールを目指す(107)モジュールの効果的な活用を

次期教育課程の移行措置が迫っているが、中学校は各教科等の授業時数に変動はない。しかし、生徒の主体的な活動重視となれば、カリキュラム・マネジメントのあり方に創意が今以上に必要になるであろう。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。