クオリティ・スクールを目指す(109)部活は指導法の改革を

最近、国を挙げての「働き方改革」が論議されているが、教師の業務改善は特別な傾向を含んでいるように思える。したがって、ノー部活デー、ノー残業デーは必要だが、仕事のやり方の効率化・効果性を考える必要がありそうだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。