子どもの貧困と学校給食(4)未納への対応と会計方式

給食費の会計には、私会計方式と公会計方式がある(図表)。給食費を学校長名義の口座で各学校が管理する私会計の場合には、学校の教職員が未納の督促を行い、未納分は他の生徒の負担になったり、食材購入に影響が出たりする。公会計であれば、自治体職員が督促を行い、未納分は自治体の負担、すなわち税金による負担となる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。