クオリティ・スクールを目指す(110) 幼児期の非認知能力を探る

最近、幼児期からのやり抜く力など非認知能力の形成が将来の経済的・社会的成功度を高めるという経済学者等の考えが急激に浸透しはじめている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。