子どもの貧困と学校給食(7)就学援助増加の原因と今後の課題

就学援助を受ける子どもが増加している要因、背景について、近年唯一の国の調査である、平成18年に文科省が教育委員会を対象に実施したアンケート(複数回答)によれば、「企業の倒産やリストラなどによる経済状況の変化」が全体の約8割を占める(図表PDF)。「離婚等による母子・父子家庭の増加」も全体の約6割ある。親の仕事が不安定な子ども、一人親家庭の子どもが増えている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。