子どもの貧困と学校給食(9)中学校給食完全実施のハードルは何か

大阪市と北九州市の調査では、中学生自身が完全給食実施に賛成する理由として、「家庭での弁当作りの負担が軽減される」と挙げる割合は、保護者や教職員よりも高い。子どもは、家庭で忙しい親が弁当を作ってくれているのを知っている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。