子どもの貧困と学校給食(10)給食費無料化に向けて

平成28年3月、政府の経済財政諮問会議の4人の民間委員は、子ども・子育て世帯の支援拡充として、給食費の無料化の検討を提案した。無料化には、年間5120億円が必要とも試算されていた(表)。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。