教員のワーク・ライフ・バランス ― 制度を変えなくてもできること ―(2)職員室の風土を変える

現在私は学校向けにワーク・ライフ・バランスをお伝えしているが、実は私自身、教員だったはじめのうちは、過労死ラインを超える長時間労働をしていた。身も心もボロボロでうつ寸前。悪循環の毎日で保護者ともうまくいかず「いつ辞めよう」と考え続けていた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。