「成長の授業」を創る―菊池実践11の柱―(5)価値語でプラスの方向に導く

「価値語」とは、考え方や行動をプラスの方向に導く、価値ある言葉のことである。私の学級で生まれ、全国の教室に広がっていった代表的な価値語には、「一人が美しい」「人に正対せよ」「出席者ではなく参加者になる」「出る声を出す声にしよう」などがある。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。