「成長の授業」を創る―菊池実践11の柱―(6)黒板の5分の1で価値語を示す

授業中に、黒板の左端5分の1を活用して行う取り組みである。身に付けさせたい学習規律や学び方などを、前回の連載で紹介した「価値語」の形で伝える。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。