教員のワーク・ライフ・バランス ― 制度を変えなくてもできること ―(3)業務を精選し教育の質を上げる

ワークライフバランスと聞いて、アレルギー反応を示す人がたまにいる。「それ嫌い」と。多くは、勘違いが原因だ。よくある勘違いは、「仕事があるのに周りに押し付けて帰ること」「適当に働くこと」というもの。しかし、本当のワークライフバランスとは【教育の質を上げること】そのものだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。