「成長の授業」を創る―菊池実践11の柱―(7)少人数による話し合い

来春から新学習指導要領の完全実施に向けた移行措置が始まる。その新学習指導要領の解説には、「我が国の優れた教育実践に見られる普遍的な視点である『主体的・対話的で深い学び』の実現に向けた授業改善(アクティブ・ラーニングの視点に立った授業改善)を推進することが求められる」とある。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。