本と人との「知」の化学反応~実践ビブリオバトル~(10) 大学生へのビブリオバトルの実践② 自由と多様性を認める

筆者が授業で心掛けている2つ目は、自由や多様性を認めることである。その点、ビブリオバトルは余分なルールがなく、最もシンプルかつ自由なプレゼンテーション形式であり、こうした教育目的にふさわしい。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。