クオリティ・スクールを目指す(117)参加国2位は額面通りか

15歳を対象にした「他人と協同して問題解決する能力」を測る調査(PISA)を2015年にOECDが実施し、その結果が公表された。日本は2位であった。1位はシンガポールで、3位は香港、4位韓国、5位カナダであった(国立教育政策研究所『PISA 2015年協同問題解決能力調査―国際結果の概要―』2017)。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。