教員のワーク・ライフ・バランス ― 制度を変えなくてもできること ―(10)答えは私生活にある

中間まとめでは、「教師が日々の生活の質や教職人生を豊かにすることで、自らの人間性を高め、子供たちに対して効果的な教育活動を行うことができるようになるという理念」とあった。働き方改革の本質である。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。