自分にしかできないスクールリーダーになるために (5)1対1のコミュニケーション

前回は、教室のルールについて触れましたが、今回は子供との1対1のコミュニケーションについて考えてみましょう。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。