校長のパフォーマンス(84)教員の残業は「麻痺」なのか

いま学校の働き方改革が実行されつつあるが、教師の認識には「残業は当然」とする風潮があった。授業準備やテストの評価など、勤務時間内では到底不足で、残業せざるを得ない実態が常習化されていたといえる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。