働き方改革と学校システムの刷新 ―接続可能という視点から考える―(3) 先生の幸せの視点で見直して

「働き方改革って何をすればいいの」と言う方がいますが、学校ではこれまでにも考えてきたと思います。働き方改革という言い方はしていませんでしたが、学校評価や学校経営計画の反省をして、学校改善につなげていく取り組みは、どこの学校でもやってきたでしょう。働き方改革という言葉が出てくる以前は、「負担軽減」や「業務改善」というテーマで考えてきたことです。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。