働き方改革と学校システムの刷新 ―接続可能という視点から考える―(3) 先生の幸せの視点で見直して

eye-catch_1024-768_sumida横浜市永田台小学校長 住田 昌治

「働き方改革って何をすればいいの」と言う方がいますが、学校ではこれまでにも考えてきたと思います。働き方改革という言い方はしていませんでしたが、学校評価や学校経営計画の反省をして、学校改善につなげていく取り組みは、どこの学校でもやってきたでしょう。働き方改革という言葉が出てくる以前は、「負担軽減」や「業務改善」というテーマで考えてきたことです。

教育的な価値があるかどうかという基準で改善するので、「子供のため、頑張ってやりましょう」という意見が重視され、教員が楽になるような意見は軽視されがちでした。そもそも学校で教育的価値のないことはやってこなかったはずです。しかし、本当は教員たちの負担が減って楽になれば、教員が元気になり教育活動が活性化する、という発想で取り組むことが必要なのです。

私の学校が働き方改革で取り上げられる機会が増えましたが、それほど意識して取り組んできたわけではありません。これまでの教育活動を、「先生が幸せになる」という視点で見直して改善してきたのです。反対意見もありましたが、それが結果的に子供のためになるのです。子供は、疲れ果てて元気のない先生ではなく、元気で楽しそうに授業してくれる先生を求めているのです。

子供を幸せにしたいなら、まず大人が幸せにならなければなりません。当たり前のことです。私たちが大切にしてきたのは、これまでのあしき慣習にとらわれず、勇気を持って変えていくことです。学校には前例踏襲で旧態依然とした体制を守る文化があります。「とらわれない、恐れない、諦めない」をキーワードに、覚悟を持って取り組んできました。よく聞く言葉に、「変えようとしても、どうせ変わらない」「変えようと言ったら、反対されるだけ」「人と違うことを言ったら、変なやつだと思われる」などがあります。そして、「言いたいことが言える職場にしたい」とも。

どんな職場にしたいのか、学校経営そのものが、働き方改革に直結しています。年度末から年度始めにかけて、学校経営の方針を話し合う時間があります。この機会に、教職員で働き方について話し合ってみるといいでしょう。自校では、中学校ブロック3校合同の働き方研修会を開催し、アイデアを出し合う交流も図りました。校長や教務がアイデアを出したり、提案したりしているようですが、実際に働いている教員たちが自らの働き方を振り返って、改善したいことを出し合う方が効果的ではないでしょうか。