保護者と歩む学校経営(5) 卒業式―その2

卒業式を迎える年頃の子供たちは親の言うことに耳を貸さなかったり、家で学校のことは話さなかったりと、無力感に襲われる保護者は少なくありません。保護者は学校に大きな期待を抱いており、特に学びに関する支援は「保護者にはできない」「学校にこそお願いしたい」と頼りにしています。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。