自分にしかできないスクールリーダーになるために(10)「叱る」基準を決めておく

皆さんは、子供たちを「褒めること」と「叱ること」どちらが簡単ですか。褒めることはできるのに、いざ注意しなければならない時になると、うまく叱れないというパターンはとても多いのです。これは、つまり「叱る」ということが基本的にネガティブな行為だからです。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。