保護者と歩む学校経営(8)入学式 その2

教職員が疲弊する様子が日々報道され、保護者に懸念が広がっています。入学式では、「働き方改革」などによる改善に向けた学校の取り組み姿勢を明示し、不安を払拭してください。ぜひ強調してほしいのは、「子供最優先」が改善の最大の目的であり、「最も利するのは児童生徒」という点です。教員が雑務に追われて授業準備もままならない状態など、誰も望みません。十分な時間と心の余裕をもって子供たちと向き合うために必要だと分かれば、保護者は応援の気持ちを抱くでしょう。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。