働き方改革と学校システムの刷新 ―接続可能という視点から考える―(8)全員に同じ働き方を求めない

「働き方改革」という言葉が対象とする範囲は非常に広く、長時間労働の規制、時短勤務、フレックスタイム、リモートワークなど多岐にわたります。働き方を変えていこうとする動きの中で、こういう言葉をよく目にするようになりました。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。