働き方改革と学校システムの刷新 ―接続可能という視点から考える―(9)自分の1日をデザインしよう

 「日本人は働きすぎ? 違う違う。休まなさすぎ」 ある飲料メーカーのCMポスターに書かれていた言葉です。働き方改革は、もちろん働き方を変えようとしているのですが、生活という視点に立って考えてみることも肝要です。働いている自分も、休んでいる自分も、同じ一人の人間です。働き方だけを考えていてよいのでしょうか。そもそも私が働き方について着目したのは、睡眠の問題が理由の一つにあります。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。