働き方改革と学校システムの刷新 ―接続可能という視点から考える―(10)決定打は「決めること」

あるベテランの教師がいつも定時に帰るので、どうすれば時間外勤務はなくなるのか聞いてみました。答えは、「決めることだよ」でした。退勤時間を決め、周りの人に知らせておくことだと言うのです。そして、時間外にやったり、仕事を持ち帰ったりしないように授業を改善する、と言うのです。「教育課程外のことには手を出さない。だいたい学校は余計なことをしすぎている」とも言われました。反論もあるでしょうが、考えてみる価値のある視点です。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。