変容する生徒指導―模索する学校現場―(7)対人専門職を育てる

教員養成の場にいると、多くの教員志望の学生が、「人を叱る」という経験をしてきていないことに気付く。そして、彼ら自身、そのことを不安に思っている。教育実習では、授業を一通りこなせることが中心となり、生徒指導、とりわけ問題行動場面の対処をすることはほとんどない。だが、教員になったその日から、それが求められる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。