矯正教育最前線~学校との連携を模索して(2)矯正教育の現状

少年院での不祥事は、海外に比べて少ないのであるが、2009年には、広島少年院の複数の法務教官による在院者への暴行事件が発覚した。このような不祥事を予防するため、少年院法は、施設運営の透明化を目指して14年に全面的に改正された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。