eポートフォリオで学校が変わる(3)今、求められるeポートフォリオとは

「評価」という言葉に対して、みなさんはどのようなイメージを持っていますか。重苦しく、できれば避けたいというイメージを抱いている人も多いのではないでしょうか。これまで行われてきた評価が、成績付けとしての「評定(grading)」や、選抜や優劣を付ける「エバリュエーション(evaluation)」としての役割が強く、いつの間にか、手段であるはずの評価が目的化してしまい、「いい点」を取るための勉強が表に出過ぎてしまったのだと思います。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。